1ヶ月で10キロ痩せるためには、運動に食事制限は、かなり徹底する必要があります。

そのために、食事の摂取カロリーを抑えて、運動で消費カロリーを増やすんです。

ここでは1ヶ月で10キロ痩せるために、主に食事に関してのポイントを書かせてもらいます。

記事を参考にして、1ヶ月で10キロ痩せる目標を立てた女性は、食事のポイントを抑えて下さい。

食事制限をしすぎるのはダメ!

1ヶ月で10キロ痩せるために、女性はしっかりと食事の栄養バランスを考えていきましょう。

過度な食事制限は、一気に体重を落とせますが、栄養が不足しがちになってしまいます。

それにリバウンドの危険性もあり、脂肪が蓄積しやすくなるのです。

自分の基礎代謝量を計算すると、最低限必要な摂取カロリーが計算できます。

食事で基礎代謝分の摂取カロリーは食事で取れば、カロリーオーバーにはなりません。

カロリーオーバーにならなければ太りません。

基礎代謝量の制限内でバランス良く栄養分はしっかり摂取しましょう。

栄養バランスをしっかり考える

栄養バランスには、ビタミン・ミネラル、タンパク質を程よく3食に散りばめます。

タンパク質は特に重要で、1ヶ月で10キロ痩せる場合でも、絶対に摂取すべきです。

食事制限により、タンパク質が減ってしまう事が、ダイエットに多くある特徴です。

そうなると筋肉量が減り、基礎代謝も低下するので、タンパク質はしっかり摂って下さい。

また、ビタミンも肌荒れが食事制限によって起こりやすいので、果物・野菜でカバーしましょう。

野菜も食物繊維が含まれているものをしっかり食べて、ダイエット中に悩みになる便秘も解消しましょう。

ところが野菜だけが食物繊維に含まれていると思いがちですが、こんにゃくにも多く含まれています。

腹持ちも良いので、積極的に食べるのを心がけると良いでしょう。

和食中心がダイエットに良い

ダイエットの食事は、高タンパクで低カロリーの食事が良いとされています。

お勧めされているのが、和食中心の料理です。

1ヶ月で10キロ痩せるために、女性は和食中心の食事に切り替えてみましょう。

必要最低限な糖質や脂質なども、しっかりと摂取できます。

先ほど重要だと書いた、タンパク質の摂取も、しっかり和食でカバーできます。

洋食はカロリーが非常に高く、欧米化した食事は、あまり身体に良くないので、痩せるためには切り替えるべきです。

タンパク質を積極的に補給

筋肉量の低下、基礎代謝の低下を防ぐためには、タンパク質の摂取は必須です。

運動をした後に食事で補給したり、プロテインを補給して下さい。

そうすれば、筋肉も付きやすくなりますし、基礎代謝も上がりやすくなります。

基礎代謝が上がれば、最低限摂っても良いカロリーも増えます。

そして1ヶ月で10キロ痩せるための目標を持っている女性は、食事で達成できるでしょう。

痩せやすい身体にもなりますから、消費カロリーも一気に増えるのです。

運動の効率を考えるなら、食事の栄養バランスは大事です。

1ヶ月で10キロ痩せるために、女性は食事を意識して、運動もしっかりしましょう。

ダイエットの基礎、運動・食事を徹底するのは当然です。

お肉は食べたらダメなのか?食べたくなったら?

お肉ダイエットという方法がある位ですから、お肉はダイエット中でも、ある程度食べても良いです。

食べ過ぎには注意ですが、タンパク質の補給のためにも、お肉は食べても大丈夫です。

1ヶ月で10キロ痩せるために、女性は食事で、肉を食べるのは避けがちです。

ジャンクフードや揚げ物などは避けるべきですが、ササミや脂肪分の少ないお肉なら大丈夫です。

お肉が食べたくなったら、鶏の胸肉などを食べて下さい。

注意点はフライ物にしたり、脂肪の多い豚肉や牛肉は避ける事です。

油を使った炒め物も、出来るだけ避けて、蒸したり茹でる事をおすすめします。

最低限必要なカロリーは摂取すべし

基礎代謝量は、生命維持のためには欠かせない、最低必要な摂取カロリーです。

ですから最低必要なカロリー摂取は、1ヶ月で10キロ痩せる事を目標にしている女性でも、しっかり料理で摂取しましょう。

短期ダイエットでは、一気にカロリーを落として、痩せることも可能です。

しかし健康的には、全く良くないダイエット方法になります。

それに1ヶ月で10キロ痩せる事に成功した女性でも、その後の食事でリバウンドが待っています。

食事は運動、筋肉量のアップで基礎代謝が上がって、食べられる量も増えます。

そのために、まずは基礎代謝のアップを心がけてみましょう。

プチ断食を決行すると一気に痩せられる

基礎代謝量のカロリー摂取は大事と言いましたが、プチ断食は別です。

一気に体重を落とすなら、プチ断食はおすすめのダイエット方法です。

行なって慣れてくれば、1ヶ月で10キロ痩せる事を女性が食事を気にしなくても可能になる場合があります。

まずはプチ断食から始めて、慣れてくれば10日などのファスティングにも挑戦してみましょう。

ファスティングには、体内時計のリセットにデトックス効果、美肌効果など色々なメリットがあります。

短期集中のダイエットにはおすすめの方法なので、1ヶ月で10キロ痩せるために、女性は週1など食事管理の1つとして行うのも良いでしょう。

慣れたら本格的なファスティングに挑戦してみる

基本的にプチ断食は1日だけとされていて、準備期間と回復の日数で3日とされています。

本格的なファスティングは、5日や10日になります。

最初の5キロは食事制限に運動などで、簡単に落とすことが出来ます。

後ちょっとの所まで来たら、プチ断食からのファスティングに移行すると良いでしょう。

そうすれば、1ヶ月で10キロ痩せるために、女性が毎日苦痛となる、食事制限をする必要はありません。

一気に体重が落ちて、デトックスで便秘解消、摂取カロリーの大幅な削減など、ダイエットには最適です。

置き換えダイエットもありますが、ファスティングダイエットも、短期で痩せるには効果的なんです。

運動も忘れずに毎日続けよう

ファスティングをする日や、準備期間と回復期は別ですが、それ以外は運動も並行して下さい。

食事制限だけでは、一気に1ヶ月で10キロ痩せる事は、不可能です。

やはり女性も男性も効果的な運動をして、食事の管理も同時に行ないましょう。

運動は痩せやすい身体を作るために大切な要素で、痩せるために欠かせません。

飲むだけで痩せられると言うダイエット食品もありますが、1ヶ月で10キロ痩せるために女性は食事も運動も、しっかり行ないましょう。

食事の改善と効率の良い運動が短期集中ダイエットの秘訣

効率の良い運動は、筋トレをしてからジョギングなどをすることです。

無酸素運動からの有酸素運動ですね。

この運動の順番を守るだけで、効果に大きな差がつきます。

これで基礎代謝を上げつつ、食事で栄養補給をしながら、1日に最低限必要なカロリーだけ摂取する。

そして1ヶ月で10キロ痩せるために、女性が実践するなら栄養バランスを考えた食事をしましょう。

タンパク質補給、便秘解消のために食物繊維は多く取る。

脂質・糖分の摂りすぎに注意するなど、食事制限は意外と気を付ける事が多いです。

そしてカロリーを計算して、一気に-10キロを1ヶ月で達成してみましょう。

1ヶ月で10キロ痩せる後は、女性も男性も食事量が多くなる可能性があるので、注意してください。

成功した後は、継続するためにペースを落として、体重のキープやコツコツ痩せる方法に切り替えるのが得策です。

ある程度の知識は抑える事が出来たと思うので、後は実践です!

頑張って1ヶ月で-10キロを達成して下さい。