1ヶ月で10キロ痩せる事を目標にして、短期ダイエットに取り組む人は多くいます。

ダイエットでは「女性 お腹周り」のキーワードは、特に検索されています。

それほど気になる部分ですし、体重が落ちてもお腹が出ていては、痩せてもコンプレックスの解消になりません。

1ヶ月で10キロ痩せる事と同時に、女性はお腹周りの脂肪を落としつつ、理想のスタイルを手に入れるためのダイエットに実践しましょう。

ぽっこりお腹の悩み

やはりウェストが大きいと、タイトなジーンズやスカートなどは履きにくいです。

それに身体のラインが浮き出る、ピッチリしたシャツも着にくいでしょう。

1ヶ月で10キロ痩せることが出来ても、女性はお腹周りの脂肪が落ちていないと、コーディネートが限られます。

綺麗なボディラインの出る服を着れないのは、ぽっこりお腹の悩みです。

お腹が出ているだけで、男性に太っている印象を与えてしまいます。

1ヶ月で10キロ痩せるのは良いですが、女性はお腹周りも一緒に痩せないと、デメリットだらけです。

しかし健康的なダイエット方法を行えば、ぽっこりお腹の悩みも解消できるでしょう。

そのためお腹だけ痩せないのはナゼか、メカニズムを知っておく必要があります。

なぜお腹が出てくるの?

1ヶ月で10キロ痩せる事に成功しても、女性はお腹周りだけ肉が取れないケースが多いです。

原因はたくさんありますが、ここでは先にいくつかの原因を挙げておきます。

まず姿勢が悪いこと、特に猫背の人はお腹の筋肉が緩くなる傾向があります。

そうなると内蔵を支える筋肉が低下して、落下腸などになり、お腹が出てきます。

また、普段から運動しない人も、筋力が落ちています。

そのため内臓が下へ落ちていき、お腹が出てくるのです。

脂肪がつきやすいのも、運動不足による筋肉量の低下、基礎代謝量の低下が原因です。

しっかり運動をして筋力をつけて、基礎代謝を上げる必要があります。

運動不足で、動く所が少ない場所から脂肪は溜まるので、お腹は脂肪が蓄積しやすい傾向にあります。

お腹周りの脂肪はどう落とす?

お腹周りの脂肪を落としていくためには、食事の管理と運動を同時に行ないます。

1ヶ月で10キロ痩せる方法を実践しつつ、気になる女性のお腹周りの脂肪を落としていきます。

そのためには、栄養に気を配った食事制限と、消費カロリーを増やして体重を減らす運動は欠かせません。

栄養をバランスよく摂取した料理を3食とりましょう。

加えて、1ヶ月で10キロ痩せる運動をすれば、女性の悩みのお腹周りの脂肪は解消されます。

食事についで後述しますが、過度に脂質・糖質を控えるのは辞めて下さい。

逆に1ヶ月で10キロ痩せるための食事制限でも、女性・男性ともにお腹周りに脂肪が付いてしまいます。

運動も腹筋を鍛える筋トレでなく、脂肪を落とす、燃焼させる運動が、重要となってきます。

トレーニングを紹介

トレーニングについてですが、筋トレだけでは1ヶ月で10キロ痩せるのも、女性のお腹周りの脂肪を落とすのも無理です。

単純な腹筋運動でなく、有酸素運動を行ない脂肪燃焼を促す。

腰をひねる有酸素運動、ストレッチで腰をひねるなどして、お腹周りの脂肪にアプローチしていきます。

そしてオススメの腹筋トレーニングは、全身を使うバービージャンプです。

毎日、筋肉痛にならない程度に行ない、腹筋の脂肪を落としましょう。

ウォーキングやジョギング中に左右に腕を振ったり、ボクササイズなど腰を動かす運動も効果的です。

お腹を動かす有酸素運動なら、どれも効果的と言えます。

筋トレをした後に、有酸素運動をして1ヶ月で10キロ痩せる目標と、女性の悩みのタネのお腹周りの脂肪を落とす事を同時に達成しましょう。

食事の注意点

ダイエットによく見られるのが、食べないダイエットで痩せる事です。

一気に痩せるのには理にかなっていますが、身体によくありません。

それに更に脂肪を蓄積させる身体になってしまい、1食で余分に脂肪を吸収してしまいます。

運動不足で食事だけ制限しても、お腹周りの脂肪が痩せない理由になります。

脂質・糖質は、炭水化物の食べ過ぎに注意してある程度は食べましょう。

脂質は良いものもあるので、青魚やナッツ類から摂取すると良いでしょう。

亜麻仁油、エゴマ油も良質な脂質を含んでいます。

最近ではココナッツオイル、フィッシュオイルなどが、良い脂質を摂取できると支持を得ています。

お腹以外痩せても意味が無い!

やはり1ヶ月で10キロ痩せる事に成功しても、女性はお腹周りが同時に痩せなかったら、意味がありません。

今度はお腹周りの脂肪を落とすために、また過酷なダイエットに挑戦です。

ただでさえ、1ヶ月で10キロ痩せるのは、なかなかの覚悟と継続力が必要です。

短期集中ダイエットに成功したら、徐々にペースを落としていく様に考えています。

1ヶ月で10キロ痩せると同時に、女性は気になるお腹周りの脂肪も落としていきましょう。

全身を使った運動、お腹の中性脂肪にアプローチする運動は、1ヶ月毎日続けて下さい。

理想のプロポーションをイメージ

理想の人の体型を見るだけで、モチベーションは上がります。

また、そういった体型に自然になっていく事を知っていたでしょうか。

実はスタイルの良い人の写真を見る、イメージして脳に焼き付けるだけでも効果的なのです。

これは脳のほとんどを占める、潜在意識が関係しています。

繰り返しイメージ、理想の写真を見ることで、脳に刷り込まれていって、スタイルが良くなります。

ウソと思うかもしれませんが、意外と効果のある方法です。

もちろん見ているだけでは痩せないので、トレーニング中にイメージして、意識してみましょう。

運動中はお腹周りを意識するだけでも、全然効果が違ってきます。

1ヶ月で10キロ痩せる運動を実践しつつ、女性はお腹周りを運動中も普段の生活でも意識して、へこませましょう。

筋トレの超回復について

筋トレをしたら、48時間~72時間休ませて、壊れた筋細胞を回復させてから、また筋トレをするやり方です。

この超回復理論は、だんだんウソではないかと言われています。

理論的にウソでは無いですが、筋肉痛にならない程度に毎日筋トレを行なっても大丈夫です。

それに24時間ほど休ませるのが、実は効果的と言われています。

完全休息でなく、有酸素運動などを取り入れるのも効果的と実証されています。

トレーニングをある程度したら休んで、タンパク質の補給を心がけましょう。

1ヶ月で10キロ痩せるなら、女性が気になるお腹周りは、筋トレでなく有酸素運動で脂肪を落とすのがオススメです。

毎日の積み重ねが実を結ぶ

1ヶ月で10キロ痩せる、かつ女性の気になるお腹周りの脂肪を落とす。

この2つを同時に達成させるなら、確実に30日間は運動を毎日続ける必要があります。

食事も変えて、最初は慣れないですが、3週間を目安に頑張ってみてください。

内蔵を支える筋力も戻り、確実に1ヶ月で10キロ痩せる事を実現、女性がコンプレックスになるお腹周りも痩せます。

デトックスと運動でお腹周りの悩み解消

ぽっこりお腹の原因は内蔵が下がってきただけでなく、便秘も原因の1つです。

こちらも運動を毎日して、野菜や果物などでビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり摂取。

そうすれば、デトックス効果で快便になります。

毎日スッキリしてぽっこりお腹は解消。

1ヶ月で10キロ痩せる運動を続けて、女性はお腹周りの脂肪の悩みを無くすという流れです。

以上のポイントを抑えて、食事の変更と運動の取り組みに、力を入れましょう!