今スグ体重を激減させたいから、1ヶ月で10キロ痩せる方法に挑戦する。

これは学生でも十分に可能ですが、専業主婦や社会人などで、それぞれ生活スタイルは変わります。

1ヶ月で10キロ痩せる方法を学生向けに紹介するので、現在学校に通っている人は参考にして下さい。

1ヶ月で10キロ痩せる方法の学生編は朝型が対象ですから、夜型の人はまず朝型に切り替える事から始めましょう。

1ヶ月で10キロ痩せる方法は存在するのか?

社会人でも専業主婦でも1ヶ月で10キロ痩せる方法があり、学生にもあります。

基本のダイエットは同じですが、年齢や生活スタイルに合わせて、変えているだけです。

1ヶ月で10キロ痩せる方法は学生でも十分に可能な、意識するポイントを紹介しています。

ポイントを抑えたら、後は実践してダイエットの継続です。

30日間で10キロ体重を減らす覚悟が出来たら、1ヶ月で10キロ痩せる方法の学生編を見てください。

今は不安でも、痩せる意識と習慣化さえ出来れば、苦痛にはならないので大丈夫です。

成功後のリバウンドに気を付けて取り組む!!

学生だと付き合いで外食、ハンバーガーなどジャンクフードの店に通いがちです。

また、甘いものも好きかもしれませんし、コンビニでよく何か食べ物を買う癖が、自然に付いているかもしれません。

1ヶ月で10キロ痩せる方法を実践して、学生さんが成功したとしましょう。

その後に、また上記の様なライフスタイルを続ければ、一気に体重は戻ります。

減量を終えたボクサーは、試合後にたった数日で元の体重以上に何キロも太ると言われています。

芸能人の上沼恵美子さんも、ダイエット成功後、辞めた途端に3日ほどで元に戻ったというぐらいです。

1ヶ月で10キロ痩せる方法を実行する学生は若いので、基礎代謝の低い年齢になる、40代以降の人とはリバウンドの差が異なります。

しかし、リバウンドの危険性は、年齢に関係なく誰にでもあります。

特に一気に10キロ落とすので、身体は危険信号を出している状態です。

食事量を増やしたら、それだけ脂肪の蓄積量も多くなることを覚えておいてください。

減量のためのポイントを抑えよう

減量のためのポイントは至ってシンプル。

摂取カロリーが消費カロリーを上回らない事、そして消費カロリーを大幅に増やす事です。

元々、生命維持のために必要な摂取カロリー、基礎代謝量というものがあります。

基礎代謝量計算サイトなどを利用して、自分の基礎代謝を把握してみましょう。

これが1日に摂取しても良い適正カロリーになります。

適正カロリーを超えると太ると覚えておくと、ポイントは簡単に抑えられるでしょう。

夕食の時間を早めて夜は食べない

夕飯は18時以降は出来るだけ食べない様に、心がけるのがポイントです。

1ヶ月で10キロ痩せる方法で学生は、授業が終わるのが早いですよね。

部活動がある人は仕方ないですが、なるべくなら18時で無理なら20時以降は食事を避けて下さい。

時間帯が遅くなればなるほど、脂肪吸収ホルモンの分泌は多くなります。

特に22時から2時の間は危険なので、食事をする時間帯は意識しましょう。

これも1ヶ月で10キロ痩せる方法の1つなので、学生でも誰でも抑えるべきポイントです。

朝食の量とレシピに注意

夕飯を早めにしているので、朝は胃の中が空っぽで、食欲もあるでしょう。

そのせいで暴飲暴食をしてしまったり、カロリーの高いものを食べては意味がありません。

お腹が空いているのは仕方が無いので、野菜や果物を食べて食事量を増やしましょう。

カロリーは低く、食事量は増やすと、満腹感は得られますし、栄養もしっかり摂取できます。

ビタミンとミネラルは果物と野菜で摂って、エネルギーに必要なブドウ糖は炭水化物から取りましょう。

炭水化物は食べ過ぎに注意して、出来るなら食物繊維も豊富で健康に良い玄米を食べて下さい。

若いうちは運動重視!

若いうちは、痩せやすい身体になっていますし、負担もそれほどありません。

基礎代謝も年齢を重ねていく事で、段々と下がっていきますが。

若い頃は比較的、基礎代謝が高いですから1ヶ月で10キロ痩せる方法の学生編では運動を重視します。

1ヶ月で10キロ痩せる方法では、学生も食事制限はもちろん運動もします。

特に学生は運動をすべきで、消費カロリーを多くして、一気に体重を減らすために積極的に取り組みましょう。

筋肉も付きやすく、基礎代謝アップに比例していきます。

基礎代謝を上げる筋トレ、脂肪を燃やす有酸素運動の水泳などがおすすめです。

特にスイミングは、身体に負荷がかかるので、消費カロリーは多いです。

運動が苦手なら、ヨガなどの有酸素運動もおすすめです。

ジャンクフードは食べても良い?

スナック菓子にハンバーガー、ピザなど栄養が偏っているものをジャンクフードと言います。

ダイエット中は、こういったカロリーも高く、不健康な食べ物は避けるべきです。

しかし人間というのは、我慢すればするほど、行動に移したくなる性質があります。

ですから、どうしてもジャンクフードを食べたい!と思うのなら、無理せず食べてください。

我慢のしすぎはストレスになりますから、ダイエットにも健康にもよくありません。

ジャンクフードを食べるのが癖になっては意味がありませんから、ある程度の我慢は必要です。

ご褒美として食べる、1,2回程度に抑えるなどのコントロールをしていきましょう。

また、スナック菓子などジャンクフードを間食として食べる場合は、15時がおすすめです。

脂肪が一番吸収されにくい時間帯なので、3時のおやつというのは、実は理にかなっているのです。

夕飯などに食べたい場合は、20時前を意識してください。

ストレス対策を考える

ストレスを溜めすぎると、脂肪吸収を多くしてしまうホルモンが分泌されるのです。

1ヶ月で10キロ痩せる方法では、ストレス対策も大切で、学生は色々と悩む時期でしょう。

そういった時に、しっかりとストレスを解消できる方法を知っておいて、太らない対策を取って下さい。

運動はリラックスホルモンのセロトニン、脳内麻薬と言われる、気分を良くしてくれるエンドルフィンを分泌します。

軽いジョギングやランニングなどの後は、スッキリしますし消費カロリーも増えるので、一石二鳥です。

年頃は悩むので、1ヶ月で10キロ痩せる方法で学生が運動に重きを置いて欲しい理由の1つでもあります。

睡眠はしっかり取る心がけ

睡眠不足になると、肥満になる確率が高いというデータが、アメリカの研究で分かっています。

原因は食欲の増すグレリンというホルモンが増えて、満腹感を得るホルモンのレプチンが減少するからです。

そうなると食べたい欲が増えて、いつまでも満腹感を得られません。

結果的に基礎代謝以上のカロリー摂取で、1日の目安となるカロリーのオーバー。

太りやすい体質にもなっていきます。

睡眠不足はどんどんレプチンが減るので、最低でも6時間は睡眠時間を確保して下さい。

スマホ世代の学生は、夜が遅くに寝て睡眠不足になりがちなので、気を付けて下さい。

カロリー抑えて運動バリバリ!-10キロ成功です

カロリーは計算して算出された基礎代謝量までを1日の食事の摂取カロリーにしましょう。

そして若い学生は運動を朝からバリバリと行なって下さい。

筋トレをしてから有酸素運動をする順番を守れば、効率よく脂肪を消費できます。

運動も自宅で出来る簡単なものが、いくつもあります。

無料の動画でチェックして、自分が楽しめそうなものを取り入れてみましょう。

1ヶ月で10キロ痩せる方法の学生編になりましたが、本気になってトライしてみて下さいね。